子育て中でもネイルしたい!メリットとデメリットは?知っておきたい注意点

コップを持つネイルされた手

子育て中のネイルについてどう思いますか?まだ小さな赤ちゃんがいるにも関わらず、ネイルをしてチャラついているという印象を受ける方も多いのではないでしょうか?しかし、今ママの間で「子育て中のネイル」が流行しています。

そこで今回は、そんな「子育て中のネイル」のメリットや注意点をいくつかご紹介したいと思います♪周りの目を気にしている方も、この記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

女性としての気分が上がる!

子育て中は何かとストレスが溜まってしまうもの。言うことを素直に聞いてくれないお子さんや、手伝いをしてくれない旦那さん、そして周りからの目など、子育て中のお母さんなら誰し一度はそんなストレスを感じたことがあるのではないでしょうか?

そんな忙しい生活の中にいると、自分が一人の女性だと忘れてしまいがちです。元を辿れば母親だって立派な女性ですし、子育てをするうえで「おしゃれ」が不必要というわけではありません。

適度なおしゃれは女性としての気分を上げてくれますし、お母さんのストレスを少しでも和らげてくれるでしょう。

爪が強くなる!

家事には必ずと言っていいほど、手を使います。水を使った皿洗いや洗濯など、手が荒れてしまう原因にもなり手荒れに悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか?しかし、ネイルをすれば普段よりも爪が強くなり、指先を保護することができます。

特に爪が割れやすい、ダメージを受けやすいタイプの方はネイルをすると割れにくくなり家事をしやすくなります。

しかしながら小さなお子さんがいる方はなるべく短く切った爪でネイルをする事、そしてストーンなどの装飾はつけないようにしましょう。誤ってお子さんの肌を傷つけてしまう可能性があります。

ネイルをする際の注意点

子育て中のネイルは、平均して「お子さんが1歳を過ぎた頃」から始めている方が多いようです。理由は、ネイルしている爪を赤ちゃんが誤って舐めてしまう可能性があるからです。

スポンサーリンク