働く女性や男性のための様々な子育て制度を知っていますか?

働く妊婦

妊娠が分かったときから、出産や子育てまでには様々な制度があります。その制度についてしっていることで、仕事への不安も軽減して、妊娠~子育てまで安心して子育てを出来るようになってきますね。

どんな制度があるのかまとめてみました。

スポンサーリンク

妊娠が分かったら

まず、妊娠が分かったら出産予定日や休業の予定が見えてきたら早めに会社に申し出してみてください。安定期に入ったら伝えるのもいいと思いますが、つわりは安定期前に起こるものですので、わかった時点で体調と相談しながら上司に話しをしてみてください。

そして、妊婦健康診査等を受けるための時間は必要な場合は、会社に申請しましょう。申請があった場合、会社は健康診査等のために必要は時間を確保しなくてはなりません。(有給か無給かは、会社の規定によります)

※妊婦検診査は妊娠23週までは4週間に1回、妊娠24週から35週までは2週間に1回、妊娠36週以降出産までは1週間に1回になります。

産前・産後休暇の制度 とるにはどうする?

産前・産後に仕事をやめることなく、休暇をとれる方法があります。どのようにとればよいのでしょうか。まず、産前休業のとりかたから紹介していきます。

産前休業は出産予定日の6週間前からとることが可能です。※双子以上の場合は14週間前から。予定日が分かったら会社に伝えることによって、取得できます。そして産後休暇は、出産の翌日から8週間は働くことが出来ませんので、産前休業同様に会社に申請することでとることができます。

産後休暇は、先ほど8週間といいましたが、産後6週間経った後に、本人が請求して医師が認めた場合は働くことが出来ます。この制度は、正社員だけではなく、パートや派遣で働く方など誰でも取得することが可能です。

産後休業後に復帰するとき覚えておきたいこと

育児時間が生後1年に達していない子を育てる女性は、1日に2回少なくとも各30分の育児時間を請求することが出来るのです。

また、母子健康管理措置というものがあり、産後1年を経過していない女性は、医師等からの指示があったときは、健康診査等に必要な時間の確保を申請することが出来ますので1歳未満のお子様を持って働いている方は覚えておきましょう。

スポンサーリンク