大人目線とこんなに違う!ベビーカーでの赤ちゃん目線

ベビーカーをひく母親

大人が見ている世界と子どもたちが見ている世界は身長差があるのでもちろんですが、ベビーカーに乗っている子どもの目線もいつもとは違うものです。

ベビーカーで子どもを乗せたときの子どもの目線から街中の危険度をチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

歩行者とすれ違いの危険

ベビーカーに乗せている子どもの目線では歩行者とのすれ違いではどんな世界が見えていると思いますか?日よけにベビーカーのほろをおろしていると見えている世界はからり狭いものになってきますね。

ほろを上げている場合でも、地面から数十センチの世界で歩行者とすれ違うときはこんな危険があります。それは、歩行者が持っているかばんやタバコは丁度子どもの乗っている顔の部分に迫ってくるのです。

もちろんベビーカーに乗っている子どもはのけることが出来ないですよね。ベビーカーを押すママたちは怪我ややけどの危険を避けるためにも、周囲の状況には十分注意をしてあげてください。

車が急接近の危険

ベビーカーの使用をしているときは、たいていの人たちがベビーカーを引くのではなくて押す形で使用している人が多いのではないでしょうか?

通行中のベビーカーの位置はママよりも常に前ですよね。その際、横断歩道を渡るときや角を曲がるときは、ママよりも先にベビーカーに乗っている子どものほうが車に急接近してしまいます。

特に細い道路や見通しの悪い交差点では、ベビーカーに車が急接近することもあり、非常に危険ということを理解しておいてください。

スポンサーリンク