小学生ママ必見!読書感想文の書き方のコツ教えます!

本と眼鏡をかけた女の子

夏休みの宿題で、厄介なのが読書感想文ですよね。子供はあっけらかんとしているのに対してママたちのほうがどうしようか頭を悩ませてしまうのもです。

そんな読書感想文の書き方ノウハウやはめ込み式で読書感想文が作成できるものを載せてみました。

スポンサーリンク

本選びをしよう

まず、とても重要になってくるのがこの本選びです。どんな本が良いのか?どんな本を選ばせてあげたら良いのでしょうか?読書感想文には二種類あり、自由作文と課題作文があります。

自由作文を作成の際は、こどもが興味を持つもの、字が大きく読みやすいもの、そして、長いと飽きてしまうのでなるべく本は薄めのものがおススメです。

課題作文は、その時その時によって指定された本が何冊かありますのでその中からこどもが興味を持つものを選んであげるといいです。本を読む時は、低学年のうちは親子で読むと飽きずに最後まで読み進めることができますよ。

本の内容を4つに分けてみよう

次に本を読み終わったら、本の内容を4つに分けて見ましょう。何をどのように4つに分けたら良いのかと言いますと、①全体の紹介として、なぜ、その本を読もうとしたのか。

次に②ストーリーのあらすじを簡単にまとめる。これは低学年のうちはちょっと難しいところがありますので、親と一緒に簡単にやって見ましょう。

③子供が興味を持ったことや読んでて楽しかったこと。例えば、主人公のこんな会話が面白かったなどでいいです。

スポンサーリンク