そろそろ赤ちゃんが寝返りしそう!寝返り成功後に気をつける事は?

うつ伏せで笑顔の赤ちゃん

産まれて数ヶ月程は自分で寝返りをする事が出来ない赤ちゃんですが、徐々に身体を動かす事が出来るようになり、足や腰を使って寝返りの練習をし始めます。

寝返り成功の瞬間が待ち遠しいですよね。しかし寝返りが出来るようになると少し心配事が増えます。どんな事に気をつければ良いのでしょうか?

スポンサーリンク

寝返りが出来るのはいつ頃なの?

寝返りが成功する時期は赤ちゃんによって変わりますが、大体首が座った後の生後4ヶ月前後から練習し始める赤ちゃんが多くなります。もちろんもっと早くに成功する赤ちゃんもいますし、生後6ヶ月頃から練習し始める赤ちゃんもいます。

赤ちゃんの寝返りの方法は、腰から足を使って捻っていきます。途中まで出来ても戻ってしまったり、腕が抜けないので完全に出来てないなど、見ていてとても可愛らしく面白い動きです。

この寝返りの練習中の動画などを撮っておくと素敵な思い出になりますのでおすすめですよ。

寝返りの練習を始めた!手伝って良い?

あと少しの所でまた仰向けに戻ってしまう赤ちゃんを見ているとついつい手伝いたくなってしまいますよね。感覚を覚えてもらう為にも少し手助けしてあげても良いかも知れません。

勢いをつけ過ぎないように気を付けましょう。手伝わずに見守るだけでも大丈夫です。赤ちゃんは自分で寝返り出来るようになりますので安心して下さい。

最初は思い通りにいかなくて泣いてしまうかも知れませんが、温かく成功を見守ってあげましょう。寝返りに成功したらいっぱい褒めてあげて下さい。赤ちゃんの可愛い笑顔が見れるかも知れません!

寝返り成功!このままで良いの?

寝返りが成功したのは良いけれど、このうつ伏せの状態で大丈夫なのでしょうか?実は赤ちゃんは寝返りが成功したからといって、元に戻れるわけではなく次の段階の寝返り返りが成功しなければずっとうつ伏せの状態になってしまいます。

これも自然と出来るようになるのですが、寝返り返りが成功するまで数日かかってしまうので、最初のうちは仰向けに戻してあげると安心です。

スポンサーリンク