妊娠検査薬のフライングをするメリット・デメリット

妊娠検査薬を持つ女性

妊娠希望の方は毎回生理予定日が近づくにつれて、ドキドキしたり不安になったりしてしまいますよね。手元にある妊娠検査薬を試したい!という気持ちが強くなっていきます。

実際に妊娠検査薬をフライングで使う事にメリットはあるのでしょうか?またどんなデメリットがあるのでしょうか?今回は妊娠検査薬をフライングで使用した際のメリット・デメリットなどをご説明していきます。

スポンサーリンク

どこで購入出来るの?どんな商品があるの?

妊娠検査薬はお近くのドラッグストアやamazonや楽天などのネットショッピングで購入する事が出来ます。また商品によっては薬剤師さんがいる時にしか購入出来ない物もあります。

また個人輸入で海外製の安価な妊娠検査薬を購入出来るサイトも多数ありますので、気になる方は調べてみると良いですよ。

日本のドラッグストアで購入出来る妊娠検査薬は、クリアブルー・ドゥーテスト・チェックワン・P-チェックなどがあります。1回分と2回分入っている物がありますので、そちらの違いも確認しておきましょう。

妊娠検査薬はいつから使用出来るの?

基本的に気軽に購入出来る妊娠検査薬は、生理予定日約1週間後からの使用可能と表記している商品がほとんどです。妊娠検査薬はhCGという着床してから出るホルモンを検出して妊娠の判断をします。

市販の妊娠検査薬ではある一定の量からしか反応しない為、その量を満たすであろう生理予定日約1週間後から使用出来るようになっています。ですので仮に着床していたとしても、このhCGのまだ量が少ない時は反応しない場合があります。

フライングで妊娠検査薬を試すメリットは?

妊娠検査薬をフライングで試す際のメリットは、表記されている生理予定日約1週間後よりも早く妊娠している事を知れるという点です。

お酒が好きで良く飲んでいるという方や喫煙者の方・周りに喫煙者がいる方は、早めに妊娠を知る事で禁酒禁煙をする事が出来たり副流煙を気にする事が出来ますね。

スポンサーリンク