赤ちゃんの後ろ髪が禿げてきた!?原因は?このままで大丈夫?

赤ちゃんの禿げた後頭部

生まれた瞬間から赤ちゃん1人1人個性豊かです。髪の毛がフサフサな赤ちゃんもいますよね。生後数か月経ってふと後頭部を見ると、髪の毛の一部が禿ている!?という事があると思います。

まだ小さいのに大丈夫なのか不安に感じてしまう方もいらっしゃいますよね。果たしてこの後頭部の髪の一部が少なくなっている原因はなんなのでしょうか?問題ないのでしょうか?

今回簡単にご説明していきます。今まさにその時期という方はぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんだけどこんなに毛量の差があるのはなぜ?

出産後他の赤ちゃんと対面した時に目に入る毛量の差は、かなり個人差があり不思議ですよね。赤ちゃんというと毛量が少ないイメージをお持ちの方もいると思いますが、大人顔負けのフサフサの髪の毛の赤ちゃんもいます。

この毛量の差は個人差の為特に気にする事はありませんので安心して下さい。遺伝で毛量が多かったり少なかったりする場合もありますし、兄弟でも違う事も十分あり得る事ですよ。

もちろん最初は毛量が少なかった赤ちゃんも徐々に生えてきますので大丈夫です。ずっとこのままという事はありませんよ。

どうして後頭部の髪が一部少ないの?

知らない間にどんどん後頭部の一部が少なくなってくる事があります。気づいた時にはすでに少なくなっていたという方も多いと思います。

これはほとんどの赤ちゃんに起こる事です。赤ちゃんは最初は寝返りしたり動き回ったりする事が出来ませんので、基本的に布団で頭を下にして寝ていますよね。

スポンサーリンク