哺乳瓶はガラス製とプラスチック製どっちが良いの?それぞれの特徴を比較してみた!

倒れた哺乳瓶

出産前に揃えるベビー用品の中に哺乳瓶がありますよね。この中に粉ミルクを作って赤ちゃんに与えます。哺乳瓶は様々なメーカーから発売されていますが、ガラス製の哺乳瓶とプラスチック製の哺乳瓶がありますよね。

どっちを買うのが良いのか分からないので悩んでしまうと多いと思います。今回はこの哺乳瓶について簡単にご説明していきますね。

スポンサーリンク

初めての哺乳瓶選び!選び方のポイントは?

育児雑誌や病院からの資料などでも事前準備品の中に必ずといって良い程哺乳瓶の事が書いてありますよね。母乳以外で赤ちゃんに授乳できるアイテムになりますので、大体の赤ちゃんの必需品となります。

しかし実際店舗などに行ってみると種類も豊富です。初めてでしたら余計に選び方が分かりませんよね。選び方のポイントとしては重さや手のフィット感なども大事ですよね。

デザインで選ぶのも良いでしょう。出産前に購入する際は赤ちゃんの好みが分かりませんので、小さいサイズの哺乳瓶を1つ用意してみましょう。

ガラス製の哺乳瓶の特徴は?

ガラス製の哺乳瓶の特徴ですが、赤ちゃんが火傷をしないように飲みやすい温度まで下げる際、熱伝導が良いのでミルクを冷ましやすいという点です。

泣いてる赤ちゃんに早く与えたい時は便利ですよね。また数か月は哺乳瓶の消毒が必要になるのですが、様々な消毒方法に対応している点も便利ですね。

しかし重量がある為にだんだんとミルクの量が増えると、重さを感じる為手が疲れやすくなります。赤ちゃんは早くは飲めませんので数分間、長いと1時間近くもかかってしまうという場合があります。

外出時も重いので少し不便に感じる方も多いです。ガラスですので落とした際に割れてしまう事もありますので取り扱いに注意したいですね。

プラスチック製の哺乳瓶の特徴は?

プラスチック製の哺乳瓶の特徴は、やはり軽くて落としても割れにくいので安心という点です。飲む量が多くなったきたタイミングでガラス製の哺乳瓶からプラスチック製の哺乳瓶に切り替える方もいます。持ち運びにも大変便利ですので、外出時はプラスチック製を使用するのをおすすめします。

スポンサーリンク