室内でも気を抜かないで!赤ちゃんを守るための蚊よけ対策

蚊帳で眠る赤ちゃん

じめじめした季節になってくると出てくるのが蚊です。赤ちゃんは自分で蚊を追い払うことができないのでママやパパがしっかりと対策をしてあげましょう。

たとえ室内であっても、玄関やベランダから蚊は侵入してきてしまいます。今回は室内で赤ちゃんを守るための蚊よけ対策についてまとめてみます。

スポンサーリンク

なぜ赤ちゃんは刺されやすい?

同じ場所にいて大人は大丈夫なのに赤ちゃんばかりが蚊にさされてしまう…ということがあります。赤ちゃんが狙われやすい理由は、①体温が高い②汗をかきやすい③呼吸数が多いということがあげられます。

蚊は人の汗や二酸化炭素を好むと言われており、あまり動けない赤ちゃんは蚊にとって「最もおいしい獲物」として標的になってしまうのです。

蚊の侵入を防ぐ!

室内での蚊よけ対策としては、まず家の中に蚊が入ってこないようにするのが一番大切なことです。とは言え、家は人が出入りするもの。ゴミ出し、郵便チェック、洗濯物を干したり入れたり…、そんなちょっとした時間に蚊は侵入してきます。

出入口を制するものは蚊を制す!最近では玄関やベランダに吊るすタイプの蚊取り線香や虫よけなども売っていますから、まずは蚊の侵入を防ぐように工夫してみてください。

窓を開ける時はもちろん網戸にしておきましょう。網戸に虫よけスプレーをしておくのも一手です。蚊は網戸の隙間からも入ってきますから、網戸が緩んでいる場合は夏がくる前に張り替えることをおすすめします。

ベビーベッドに蚊帳をつける

赤ちゃんを蚊から守るためとは言ってもママが24時間みはっていることは不可能ですよね。赤ちゃんが安心してお昼寝できるようにベビーベッドにとりつける蚊帳も売っています。

蚊帳があれば室内に蚊がいたとしても赤ちゃんに近づくことはできないので安心です。蚊帳は虫よけの他にも、まぶしさの軽減や埃よけ、エアコンの風よけにもなります。

室内に電子蚊取り線香

蚊よけ対策はやっぱり蚊取り線香が一番効果的です。スプレーやパッチなどもありますが、個人的には昔ながらの煙が出るタイプの蚊取り線香が最も効果があると思っています。

スポンサーリンク