最近よく耳にする「天使の4歳児」って何?存在するの?

笑顔の子供

最近よく耳にする「天使の4歳児」という言葉をご存知ですか?魔の2歳児という言葉はイヤイヤ期の子供に対して昔から使われていますが、天使の4歳児とはいったいどのような時期を意味するのでしょうか。

そして、天使の4歳児という時期は本当に存在するのでしょうか。ここではそんな「天使の4歳児」についての情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

天使の4歳児とは?

天使の4歳児とは、イヤイヤ期を過ぎ穏やかになった頃の子供のことを言います。この時期にはほとんどの子供が幼稚園に通うようになるので、お母さんは自分の時間を作れるようになります。

そうしたことから、お母さんは心にゆとりが持てるようになります。それも踏まえると、天使の4歳児とは子供が穏やかになる時期というだけではなく、お母さんの心にも変化がある時期と言えます。

それらが重なって、4歳という時期には親子関係に良い変化をもたらすことから、天使の4歳児という言葉がよく使われるようになりました。では、実際天使の4歳児の特徴にはどのようなことがあるのでしょうか。

おしゃべりが急激に上手になる!

イヤイヤ期には気持ちや欲を言葉で伝えることが出来ず、イライラしていた子供も、4歳を過ぎると急激におしゃべりが上手になります。

幼稚園での集団生活では、気持ちを代弁してくれるお母さんと離れて過ごすので、上手く話せないと困難を覚えます。

さらに、子供同士の会話の中には、普段親と会話をする際には覚えることがないような言葉も出て来ます。そうした刺激によって子供は毎日様々なことを吸収するため、驚くほどおしゃべりが発達するのです。

良いこと、悪いことの区別が出来るようになる!

それまで良いことと悪いことの区別がつかず、お母さんに叱られることが多かった子供も、4歳を過ぎると徐々にその区別が出来るようになります。

叱られたことをその都度学習し、繰り返さないよう注意するようになるので、叱られる回数が減ります。

スポンサーリンク