やめさせる方法は?子供が爪噛みをする原因と正しい対処法

爪を噛む子供

子供が気がついたら爪を噛んでいる、といったお悩みを抱えているお母さん。爪噛みは単なる癖とも言われており、無理にやめさせる必要はないと言われていますが、実際気になってしまうものです。

では、爪噛みをする原因とはいったいどのようなことが考えられるのでしょうか。そして、爪噛みの正しい対処法とはどのようなことがあるのでしょうか。ここではそんな爪噛みについての情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

子供の爪噛みの原因とは?

子供の爪噛みの原因としてあげられるのは、愛情不足や欲求不満です。そうした原因がある場合、爪噛み自体を注意してもなかなか治りません。

そのような状態になってしまうには、親の過干渉、放任主義、厳格なしつけなど、様々なことが影響していることが考えられます。

逆にそうした原因がなくても、爪を噛むのが癖になっている場合もあります。どちらにしても、根本の原因を知らずに爪噛みを注意しても意味がないので、まずは原因を考えることが大事なことと言えます。

爪噛みをしやすい子供の性格とは?

爪噛みをする子供には様々な性格の特徴があります。神経質、緊張しやすい、敏感、落ち着きがない、などといった特徴がある子供は、爪噛みをしやすい傾向にあります。

子供のうちは精神面がまだ充分に発達していないので、些細なことで不安定になりやすいということが考えられます。

そのため、親が精神面でしっかりとサポートしてあげなければ、ストレスから爪噛みがエスカレートする可能性もあるのです。では、爪噛みを放置すると、具体的にどのような影響があるのでしょうか。

爪の変形

子供のうちは余程のことがない限り怪我をするほど爪を噛むことはありません。しかし、それを放置すると、ある程度大きくなってからエスカレートし、血が出るまで爪を噛むことも。

そこまでエスカレートすることは非常に稀なことですが、怪我をしない程度だからといって放置すると、爪が変形してしまいます。

スポンサーリンク