子供のコンタクトデビューはいつからがいい?管理方法や注意点など

メガネかコンタクトか選ぶ子供

子供の目が悪くてメガネの生活を送っていると、なんとなくコンタクトについても考えるタイミングってありますよね。子供にコンタクトをするにはいつ頃がいいのでしょうか?

さらに、子供のコンタクトデビューするにあたって注意した方が良いことについても紹介していきます。

スポンサーリンク

子供のコンタクトデビューは中学生から!

子供のコンタクトデビューは大体中学生頃からが良いと言われています。小さい頃からコンタクトをすると、目に負担がかかると言われています。さらにコンタクトは医療機器の1つなので、医師の診察がないとつけることができません。

あまりに小さい子供にコンタクトを付けるというのは、医師の許可も下りないでしょう。せめてコンタクトデビューは中学に入ってからにした方がいいと覚えておきましょう。

コンタクトにするメリットは、部活中が楽になるということです。特に球技の部活に入りたいと思っている人は、万が一顔にボールが当たってしまうと、メガネが壊れる原因にもなります。部活に入るのをきっかけにメガネからコンタクトにするという人も多い様です。

コンタクトがしたいと思ったらどうすればいい?

メガネからコンタクトをしたいと思ったら、眼科かコンタクトショップに行く必要があります。どちらでもコンタクトは扱っていると思うので、自分の好きな場所でコンタクトを作りたいという旨を伝えましょう。

コンタクトショップでも、結局は眼科を受信しなくては買うことはできないので、どちらでもほとんど変わりません。眼科では目の状態をチェックしたり、自分に合ったコンタクトレンズ選びをしたりすることになります。

コンタクトにはたくさんの種類があります。1回使い捨ての物から2週間のもの、カラーコンタクトレンズなどさまざまです。コンタクトの付け方などについては、眼科でしっかりと指導してもらうことができます。

自分の目に合った度数とコンタクトを選んで、コンタクトについてしっかりと勉強したら眼科は終了になります。

スポンサーリンク