子供でも花粉症になる?なったときの対策は?原因や治療法について

くしゃみする子供

春先になると、花粉症に悩む人は増えてきますよね。しかし、子供でも小さい頃から花粉症になってしまう場合もあるってご存知でしたか?

子供のうちからなぜ花粉症になってしまうのか、さらに子供が花粉症になってしまった場合の治療法について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供の花粉症の原因とは?

花粉症とは、アレルギー症状の1種でありアレルゲン物質である花粉に反応してくしゃみや目のかゆみ、鼻水などの症状が現れます。花粉に対して抗体ができている身体の場合は、体内に入ってきた時に症状が出てしまいます。

冬から春先にかけてたくさんの人が苦しむのは、スギ花粉です。スギ花粉だけでなくヨモギやブタクサなど、色々なアレルゲンがあります。

なぜ人によって花粉症になる子供とならない子供がいるのか疑問に思いますよね。これは、その人が持っている体質によるものです。最も考えられる原因は、親の遺伝です。親がアレルギーを持っている体質だと、どうしても子供にも影響が出やすいです。

他にはアレルギーに敏感に反応してしまう体質で生まれてきてしまう場合もあります。また、免疫力が低下することで、今まで反応してこなかったアレルギー反応が起こってしまうこともあります。

子供は小さい頃から発症する場合もあり!

最近では花粉症になる子供は増えているといわれています。子供にとって花粉症はとても辛いです。早い子供だと3歳頃から発症するといわれています。主な症状である目のかゆみやくしゃみ、鼻水といった症状がみられたら、病院でアレルギー検査をしてみることをおすすめします。

花粉症は1度発症すると特別な治療をしない限り治らないとされています。そのため、子供が花粉症であるとわかっていても、見守るだけになってしまう親もいるはずです。

しかし、花粉症は自分がなったことがある人でなければ辛さがわかりません。頭が回らなかったり、眠くなってしまったりというように、生活に少しずつ支障をきたします。また、子供の場合は、目のかゆみに耐えられずかいてしまうこともあります。

スポンサーリンク