子供が胃腸炎に!どう対策すればいい?正しい対処法

驚く女性

免疫力の低い子供にとって、ウイルス性の病気は感染しやすくなります。その中でも年中流行しているとされるのが胃腸炎です。

ウイルス性の胃腸炎は、本当に見ている自分も辛くなってしまうほどです。子供が胃腸炎にかかってしまった時の対処法と、胃腸炎にかからないための予防法について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

子供にかかりやすいウイルス性胃腸炎とは

ウイルス性胃腸炎は、その名の通りウイルスに感染することが原因で発生する胃腸炎になります。胃腸炎には細菌性胃腸炎というものもありますが、これはいわゆる食中毒です。こちらは暖かい時期にかかりやすく、食事によって細菌が体内に入ることで発症します。

それ以外に子供がかかりやすいとされているのがウイルス性胃腸炎です。ウイルス性胃腸炎には様々なウイルスが原因で発症しますが、有名なものがノロウイルスです。ノロウイルスは冬に流行することが多く、感染力も非常に強いという特徴があります。

他にもロタウイルスやアデノウイルスといった胃腸炎が存在します。どの胃腸炎も吐き気や嘔吐、下痢などの症状に悩まされます。

最も有名な胃腸炎であるノロウイルスの特徴は、発熱がほとんどないということです。さらに症状は1、2日で回復へと向かっていく短期間型であるという特徴もあります。

子供が胃腸炎にかかった時の対処法

子供がもしも胃腸炎にかかってしまった場合、病院に行くと思いますがウイルス性胃腸炎に効果があるとされる薬は今のところないようです。ですから、ウイルスが体内から出て行くのを待つしかないのです。

まず大切な事は水分補給をしっかりとするということです。嘔吐や下痢によって体から多くの水分がなくなっていきます。脱水症状を引き起こしてしまう可能性があるので、水分補給はきちんと行うようにしましょう。

胃腸炎にかかると、どうしても食欲はなくなってしまいます。元気になって欲しいからと無理に食べさせる必要はありません。安静に過ごすことで必ず回復へと向かうはずです。

スポンサーリンク