子供に英語を習わせる必要はある?幼児英語教育のメリットデメリット

授業を受ける子供たち

最近では国際化社会や格安航空券などの影響により、英語を話したいと思う日本人はとても増えてきていますよね。大人になってから、もっとしっかりと英語を勉強しておけばよかったと思っている親は、特に子供に小さい頃から英語を習わせようと考えているはずです。

子供に幼児教育として英語を習わせることのメリットとデメリットについて紹介してきます。

スポンサーリンク

子供に英語を習わせるメリット1.英語が好きになる

子供に英語を習わせるメリットの1つ目は、英語に触れることで英語に興味を持つということです。英語は、学校の授業で初めて触れるという場合がほとんどだと思います。

最初から学校の授業という形で出会ってしまうと、どうしても苦手意識が出てしまいます。

小さい頃から英語に触れさせておくことで、英語を学習するということに対しての抵抗を少なくできるというメリットがあります。

学校にあがって英語の授業が始まったとしても、知っていることが多ければ、より授業を楽しむことができるはずです。

子供に英語を習わせるメリット2.世界が広がる

子供に英語を習わせるメリットの2つ目は、世界が広がるということです。英語の授業では、まったく違う国の言葉を勉強することになるので、小さいうちからより広い世界を見ることができます。小さい頃から世界を意識させることによって、将来性も広がってきます。

子供が英語を勉強するようになれば、海外へと旅行に行く楽しみも出てくるはずです。子供の英語に対する興味を上手に利用することによって、国際的な子供に育ってくれる可能性が高くなります。

子供に英語を習わせるデメリット1.そこまで覚えられない

子供に英語を習わせるデメリットの1つ目は、そこまで覚えることができないということです。小さい頃から子供に英語を覚えさせることで将来的に英語がペラペラになると思っている人は多いようですが、実際にはそこまでおぼえることができません。

まずは日本語で考えてみましょう。毎日大人が聞いている言葉を耳にすることで少しずつ単語を覚え、幼稚園の頃にはある程度の会話はスムーズにできるようになります。

スポンサーリンク