笑顔が多い子供と少ない子供の差は?子供の笑顔を増やす方法

笑顔の子供

子供は天使のようなほほえみで、大人の心を癒してくれる存在です。しかし、子供を育てていると、なぜか自分の子供は笑顔が少ないと感じてしまうことはないでしょうか?

子供によっていつもにこにこしている子供と、ほとんど笑わない子供がいます。笑顔が多い子供と笑顔が少ない子供の差はどこにあるのでしょうか?さらに今すぐにできる子供の笑顔の増やし方について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供は親の態度を真似する

子供の笑顔の数には、近くにいる大人の態度が大きく影響しているといわれています。子供の笑顔が少ないという親は、もしかしたら自分の家で笑顔を見せている機会が少ない可能性が高いです。

子供は親の態度に敏感です。だからこそ、親がたくさん笑っていると自分もたくさん笑顔になりますが、反対に親があまり笑わないと感じると自分も笑わない可能性があります。

今までたくさん笑っていた子供でも、もしかしたら突然笑わなくなってしまうこともあります。子供に環境の変化がないにも関わらず、あまり笑わなくなったと感じた場合、もしかしたら親が笑ってないことが影響しているかもしれません。

自分が忙しいせいで、子供に気を遣わせてしまっている可能性がとても高いです。

子供は人を選んで態度を変える

子供は、親の態度を真似する傾向があるといいました。確かに親がたくさん笑うのであれば、子供もたくさん笑顔を見せるはずです。しかし、子供の中には人によって態度を変える場合もあります。

例えば、ママはたくさん笑うけどパパはあまり笑わないのであれば、パパの前では笑顔をみせません。家にいるときはいつもニコニコしている子供なのに、保育園では笑わないという子供もいます。

これはもしかしたら、保育園の先生が笑わない人で反射的に自分も笑ってはいけないのではないかと考えてしまっている可能性がでてきます。

スポンサーリンク