子供にパソコンは必要なのか?メリットとデメリット

パソコンの前に座る子供

デジタル社会ともいわれている現代では、小学生でもパソコンが使いこなせてしまう時代です。小さいうちから子供にパソコンを買い与える必要はあるのでしょうか?

パソコンを与える上でのメリットやデメリットについて紹介していきます。

スポンサーリンク

子供にパソコンを与えるメリット1.ローマ字を覚える

子供にパソコンを与えるメリットは、ローマ字を覚えやすくなるということです。パソコンはタイピングをしないと使うことができません。そこで、ローマ字に対する理解が必要になります。ひらがな入力もすることはできますが、あえてローマ字入力を覚えさせた方が子供のためになります。

小学校中学年になってくると、ローマ字について理解するようになります。日本人がローマ字を覚える1番の目的は、やはりパソコンのタイピングが影響していると思います。今の時代パソコンができるということは、社会での必須項目になってきています。

やはり小さい頃からタイピングをしてきているかどうかによって、大人になってからも差が出てきます。小さい頃からパソコンのタイピングを覚えさせることで、ローマ字を覚えやすくタイピングスピードもだんだんと速くなっていきます。

子供にパソコンを与えるメリット2.可能性が広がる

子供にパソコンを与えるメリットの2つ目は可能性が広がるということです。子供に小さいうちからパソコンを与えると色々なことができるようになります。パソコンでできることは無限にありますよね。絵を描いたり音楽を作ったり、動画を作ったり小説を書いたりといろいろなことができるようになります。

自分の興味があることに挑戦するチャンスになります。パソコンを持っていない子供に比べて、パソコンを持っている子供は視野が広がりやすくなります。今では調べたいと思ったことを検索するだけでたくさんの情報を手に入れることができます。

自分の興味があること、好きなことを見つけるためにパソコンが役に立つ可能性がとても高いです。

子供にパソコンを与えるデメリット1.スマホで十分

子供にパソコンを与える上でのデメリットは、スマホと変わらないということです。少し前の時代は子供に携帯を持たせる親は少なく、持っていてもガラケーでパソコンとは全く違う使い方をしている人がほとんどだったと思います。

スポンサーリンク