子供の食べすぎを防止したい!体重管理するための方法

食べ物を見つめる子供

子供が可愛いから、元気に成長して欲しいからと、どうしても与えすぎてしまう親御さんっていますよね。あまり食べさせすぎるのも良くないとわかっているにも関わらず、つい食べ過ぎになってしまうこともあります。

子供の食べ過ぎを防止して体重管理をするためには、どういった工夫をすればいいのか、体重管理の方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供の食べ過ぎの原因とは?

子供がどうしても食べ物を食べすぎてしまうのにはどういった原因があるのでしょうか?子供の食べ過ぎの原因は、まずよく噛んでいないというケースが考えられます。お腹がすいていると、どうしても早食いをしてしまいがちです。

早食いをするということはあまり噛まないということになりますよね。ご飯を食べ終わる時間が早いと、満腹中枢を刺激することができなくなります。そのせいで、なかなかお腹いっぱいに感じなくなってしまいます。

また、偏った食事を続けることで食べ過ぎの原因になってしまうこともあります。食事は主食副菜汁物というような、バランスの取れたものを摂取することが大切です。しかし、糖質だけの食事や脂質だけの食事はより食欲をわかせてしまう可能性が出てきます。

血糖値が急激に変化するとお腹がすくスピードも速くなります。カロリーばかりで栄養がないものばかりを食べても、太る原因になります。

子供が食べ過ぎない工夫1.かさましレシピをつくる

子供が食べ過ぎないようにする工夫の1つ目は、かさましレシピを作るということです。子供は食べたりないと思ったら、どんどん食べ進めてしまうことも考えられます。

食べる量を極端に減らすと、よりお腹が減ってストレスが溜まってしまうので、まずはかさましレシピでカロリーを抑えていくところから始めましょう。

スポンサーリンク