子供の歯科矯正は必要?歯並びが悪いリスクや費用について

矯正している子供

子供の頃に生えていた乳歯が抜けて、だんだん永久歯に生え変わっていきます。永久歯が生えた段階で、子供の歯並びの悪さが目立つととても気になりますよね。

歯並びを直してあげたいと思う反面、費用がとても高くつくということで躊躇してしまいます。子供の歯並びが悪いことでおこるリスクと、歯科矯正の治療法について紹介していきます。

スポンサーリンク

歯科矯正が必要な歯並びとは?

歯科矯正とは、歯並びの悪い部分を正しい位置に戻す治療です。子供は生まれたころに生えていた乳歯がだんだんと抜けていきます。そして、永久歯へと生まれ変わっていきます。この永久歯の歯並びは、一生の歯並びになるということです。

乳歯から永久歯への生え変わりは非常にデリケートで、まっすぐ生えてくる歯もあれば、乳歯が抜ける前に斜めに生えてしまうような歯もあります。ここで歯並びというものが決まってきます。

歯並びが悪いとされるパターンは、出っ歯や受け口、開咬などがあります。歯並びが悪いと虫歯になりやすいというリスクが伴います。まっすぐ生えていない部分や大きさに差があると、どうしても歯ブラシでの磨きの腰が出やすい部分が出てきてしまいます。

また見た目的にもあまりよくありません。かみ合わせがずれてしまうことによって体の不調へとつながることもあります。歯並びの悪さは、様々なリスクを伴うようになります。

子供の頃に歯科矯正をするメリットとは

歯科矯正は今でこそ大人でも手軽にできるものへと変わりつつありますが、昔は子供の頃にしておくというイメージがあった方が多いのではないでしょうか?なぜ子供の頃に歯科矯正をした方が良いのでしょうか?

子供の頃に歯科矯正をした方が、費用が安く済むというメリットがあります。歯科矯正はもちろん大人でもできますが、子供よりも大人の方が大変です。骨がしっかりと出来上がっている大人の歯を動かすのは大変で、時間も料金も高くなってしまいます。

スポンサーリンク