子供に歯医者でフッ素はすべき?フッ素の効果と安全性について

歯医者にいる子供

子供にはできるだけ虫歯の少ない美しい歯を保ってほしいと思う親御さんはほとんどですよね。そんな虫歯予防として歯医者でできる対処法がフッ素です。

フッ素にはどんな効果があって、どれくらい持つのか気になりますよね。子供の虫歯予防として人気のあるフッ素について紹介していきます。

スポンサーリンク

フッ素ってどういうもの?

フッ素という言葉自体は、ほとんどの人が聞いたことがあるのではないでしょうか?実際にフッ素には、健やかな歯を保つのに欠かせない役割がたくさんあります。フッ素には初期の虫歯を治してしまうという役割があります。

歯は食事に含まれる酸によって歯のミネラル分を溶かしてしまいます。そんな簡単に歯が溶けてしまっては、誰もがすぐに不健康な歯になってしまいますよね。これを防いでいるのが唾液です。唾液の働きによって溶けだしたミネラルを元に戻してくれます。

この唾液の働きを助けてくれるのがフッ素です。フッ素の働きによって歯を修復してくれます。さらに歯を強化してミネラルの溶け出しにくい歯を作るという役割もしているようです。

また、虫歯菌の活動を抑制するともいわれています。フッ素を塗布することによって、虫歯になりにくい歯を作るお手伝いをしてくれるのが、フッ素になります。

フッ素は歯磨き粉にも入ってる!

フッ素という言葉を聞いたことがある人のほとんどは、歯磨き粉に含まれているものを見たことがあるという人ばかりではないでしょうか?歯磨き粉にもフッ素が配合されています。

フッ素の濃度については薄くはなってしまいますが、毎日のケアとしてとても取り入れやすいです。最近ではほとんどの歯磨き粉にフッ素が配合されているようなので、自宅でフッ素ケアをしたいという場合は、歯磨き粉で対応しても良いでしょう。

スポンサーリンク