子供のそばかすはなぜできる?原因や対処法について

そばかすのある男の子

子供の顔にそばかすができていると、気になってしまうお母さんは多いですよね。子供になぜそばかすができるか、原因をご存知でしょうか?

子供のそばかすはどういったことが原因でどうすれば消すことができるのか気になりますよね。子供のそばかすの原因について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

小さい子供にできるそばかすは遺伝

良く海外映画に出てくる子供は、小さい頃にそばかすが目立っているのを見かけますよね。あれは、先天性のそばかすになります。生まれつきそばかすができやすい体質の為、顔に出てきているという場合です。

この先天性のそばかすの場合はほとんど遺伝が原因です。元々そばかすができやすい遺伝子を持っていると、小さい頃からそばかすができやすいです。

小さい頃にできるそばかすは、無理にケアをする必要はないといわれています。先天性のそばかすに関しては、成長するにつれて薄くなっていくといわれているからです。子供のそばかすで悩んでいるという場合は、経過を見ていくのが1番になります。

思春期以降突然できたそばかすは紫外線が原因

小さい頃にできるそばかすは、将来的に薄くなっていく可能性が高いですが、うまれつきではなく突然できてしまう場合もあります。これは、紫外線が原因でできている可能性が高くなります。

子供は18歳までに人生の半分以上の紫外線を浴びるといわれています。年齢を重ねるとともにシワやシミに悩まされるようになる根本の原因は、ここにある可能性も出てくるのです。

小さい頃に日焼け止め対策をすることなく紫外線を浴び続けてしまうと、それが後にそばかすとなって現れます。その影響が早く表れてしまう人もいます。10代のうちにでてくるそばかすでも、後天性のそばかすの可能性があるので、しっかりと見極めていきましょう。

スポンサーリンク