珍しい兄弟編成2選!同級生兄弟と学年違い双子ってありえる?

寝転がる双子の子供

子供を出産するということは、本当に神秘に満ち溢れていますよね。しかし、そんな中でも面白い展開で兄弟編成が決まってしまうケースがあります。

珍しいといわれている同級生兄弟と、学年違い双子というパターンについて詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

珍しいけどありえる!同級生兄弟

珍しい兄弟編成の1つ目は、同級生兄弟です。言葉だけ聞くと普通に見えますが、兄弟なのに同じ学年だという場合です。子供がお母さんのお腹の中にいる期間は大体9か月~10か月程度なので、時期によっては双子じゃないのに同級生になるということです。

日本の学校では、4月2日生まれから学年が変わるので上の子供が4月生まれで下の子供が3月生まれだと同じ学年になるということです。本当は年子の予定だったとしても下の子供が早産で生まれてきた場合も、同級生になるということです。

どうしても同級生に兄弟がいるとなると、双子ではないか?というのが一般的なのかもしれませんが、こういったケースもなくはないのです。

激レアケース!学年違い双子

珍しい兄弟編成の2つ目は、学年違いの双子です。どういうこと?と一見あり得なそうな関係性ですが、生まれた日がたまたま4月1日と4月2日に別れることによって、学年が変わってくるというようなケースもあります。

双子は同じタイミングで出産になりますが、出てくるタイミングは違ってきますよね。そのため、最初の子供は4月1日中に生まれたのに、もう1人はなかなか生まれてくれなくて4月2日に日付が変わってしまった!というケースもありなのです。

双子なのに!と不思議に思うかもしれませんが、それだけの差でも1年の差が出てくるわけなので、両親として助かることも多い様です。2人分ではなく1人ずつで良くなるということは、たしかに親にとっての負担が減るということです。

スポンサーリンク