子供が疲れやすくなってしまう原因は?考えられる要因を紹介

ソファで顔をうずめる子供

最近子供が疲れやすくて、体調不良を訴えることが多いと親としてはとても心配ですよね。子供が疲れやすくなるということの中には、病気が隠れているケースもあります。

子供が疲れやすくなる考えられる要因と、その対策について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供が疲れやすくなる原因1.エネルギー不足

子供が疲れやすくなる原因の1つ目は、エネルギー不足です。人間は1日の摂取カロリーと消費カロリーを丁度良いバランスで生活することで、今の体系を維持しています。子供が疲れやすくなる理由として、カロリーが足りていないことが考えられます。

元々小食だったり偏食だったりすると、どうしてもエネルギーとして使用できる熱が足りなくなってしまいます。最近の子供達は、朝食を食べないという子も増えてきています。そのため、1日に摂取すべきカロリーの量が1日の活動量に追いつくことができない結果として、体が疲れやすくなってしまいます。

このいった原因の場合は、まずは朝食を食べることから始めましょう。しっかりと朝食を増やすことでエネルギーに変わりやすいです。そして、子供の平均摂取カロリーに近づけた食生活を送れるように、調整すると良いでしょう。

子供が疲れやすくなる原因2.自律神経の乱れ

子供が疲れやすくなる原因の2つ目は、自律神経の乱れです。自律神経は人間のスイッチのオンオフを切り替える神経になります。活動している時にオンになる交感神経と、リラックスしている時にオンになる副交感神経があります。

この自律神経は寝不足やストレスといった原因で乱れやすくなります。自律神経が乱れるとどうなるかというと、活動していない時に交感神経がオンになったり、リラックスしていない時に副交感神経がオンになったりします。

こういったちぐはぐな状況になると、どうしても疲れやすくなります。

スポンサーリンク