子供が洗顔デビューするのはいつからがいい?おすすめや選び方

顔を洗う子供

子供が小学生から中学生くらいになると、ませて顔を洗顔フォームで洗いたいと思う子供も出てきます。子供が洗顔フォームデビューするのはいつごろからが良いのでしょうか?

必要になるタイミングと、おすすめの選び方について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供のうちの洗顔は水だけで良い

子供が小さいうちは、基本的に洗顔は水だけでも大丈夫でした。まだ生まれたばかりの頃は、ベビー石鹸を使って洗うようなこともあったかもしれませんが、それ以降は、特に石鹸なども使用せずに水だけの洗顔でも十分です。

洗顔フォームを使うということは、顔の汚れを落とすということです。子供のうちは、顔がそれほど汚れません。皮脂も過剰なほど出ていないのに、しっかりと潤いはある理想の肌をしています。

それをわざわざ洗顔フォームで流してしまうのはもったいないです。小学生くらいの子供なら十分水洗顔で落とすことができます。

子供が洗顔フォームを使うのはニキビができたら

子供が洗顔フォームを使い始めるタイミングとして、最もおすすめできるのはニキビです。だんだん小学校高学年から中学生になると、ニキビに悩まされることが増えてきます。ニキビができているということは、皮脂が過剰に分泌されているということなので、洗顔フォームを使って余分な皮脂を洗い流す必要があります。

ニキビは、顔に余分な皮脂がたくさん出てきているということです。ここでそのままニキビを放置していると、他のニキビがまた出てくる可能性があります。ニキビが直らないということはないですが、もしかしたら跡に残ってしまう可能性があります。

思春期のニキビに関しては、なるべく余分な皮脂を落とす洗顔を心がけた方がニキビはできにくくなります。

日焼け止めを使ったら必ず洗顔

洗顔フォームを使うタイミングでの落とし穴は、日焼け止めです。日焼け止めは、日差しが強い日に外に出る時に子供に塗っている人も多いと思います。自分が日焼けで将来悩むことになったからこそ、子供は早いうちに対策をしておこうと、子供に日焼け止めを塗る人もいるはずです。

スポンサーリンク