子供のニキビはなぜできるの?予防法や改善策について

鏡を見る子供

子供の頃にニキビができてしまった記憶は誰にでもあるのではないでしょうか?子供もだんだんと大きくなってくると、ニキビに悩まされる時期がやってきますよね。

そういった場合どうすればいいのでしょうか?ニキビができる原因と対策について紹介していきます。

スポンサーリンク

思春期にできるニキビは成長ホルモンが原因

思春期の頃に頻繁に出てくるニキビは、成長ホルモンが関係しています。成長期になると、寝ている間に成長ホルモンがだんだんと出てくるようになります。その成長ホルモンが分泌されるようになると、一緒に皮脂も分泌されるようになります。

思春期になると、顔の皮脂分泌量がどうしても多くなってしまうのです。顔の毛穴に皮脂が詰まった状態は、ニキビの元となるアクネ菌の絶好の住処になります。皮脂を餌にしてアクネ菌が繁殖することでニキビができます。

寝ているだけで大量の皮脂が分泌されるようになるのは、この思春期だけです。思春期の頃に出るニキビは、大人になってから出てくるニキビとは全く違うので、対策法も全く変わってきます。

思春期ニキビの対策1.洗顔を開始する

思春期ニキビがもしもできてしまった場合は、今までしていなかったとしても泡洗顔を始めた方が良いでしょう。ニキビの原因は、過剰に分泌された皮脂なので、泡洗顔をしながら流す必要があります。毛穴に詰まった皮脂をしっかりと取り除くことで、ニキビの原因菌も寄せ付けません。

毛穴の皮脂をしっかりと取り除くために、鼻周りやあごなどの皮脂分泌が多い部分は念入りに洗顔しましょう。この時なるべく力は入れずに行います。摩擦が起こらないように肌には直接触れないように泡で洗うようにしましょう。

思春期ニキビに悩んでいる時は、ニキビケアができる洗顔を使うようにしましょう。

スポンサーリンク