子供の筋トレは良くないの?その理由と真相について

ダンベルの絵を持ち上げる子供

子供に筋トレをさせるのはあまりよくないということを聞いたことはありませんか?子供の身長が伸びなくなるというような、そんな噂があります。

本当に子供が筋トレをしたら身長が伸びなくなってしまうのでしょうか?子供の筋トレが悪いと言われている理由とその真相について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供の筋トレはよくないのといわれる理由

子供の筋トレはあまりよくないということを聞いたことはありませんか?なぜ子供が筋トレするとよくないかというと、成長が止まってしまうと言われているからです。なぜ成長が止まってしまうのか、スポーツ選手に身長が低い人が多いからです。

最も筋トレをしてそうなスポーツの代表といえば、体操です。体操では自分の体を支えながら演技を行わなくてはいけません。そのため、体操選手には筋肉がたくさんついている人がほとんどです。

体操をしていると筋トレをしていなくても、筋トレをしていることと同じくらい筋肉を使うので筋肉がたくさんつきます。筋肉がたくさんついている体操選手の身長が低いということは、やはり筋トレと身長が関係しているといわれているからです。

筋トレと身長は関係なし!

子供が筋トレをするのは良くないと思っている人は多いと思います。しかし、実は筋トレと身長は全く関係がないと言われているのです。特に筋トレと身長の因果関係はないと言われているようなのです。

筋トレというのは、むしろ成長ホルモンを活発にするとも言われていて、適度な筋トレであればやった方が良いと言われているくらいなのです。確かにそういわれてみると、バスケット選手やバレーの選手はみんな身長が高いですよね。

これは小さい頃から運動をしていることが関係しているような気もしますよね。筋トレも同じように運動であることには変わりありません。どのスポーツ選手も小さい頃から筋トレなどを行っているはずです。それでもここまで身長が大きくなっているということは、ほとんど関係はないということです。

スポンサーリンク