子供が低体温なのはあまりよくない?原因と対策

体温を測る赤ちゃん

子供の体温を測る機会は、割と多いと思います。その中で子供の体温が低体温気味だと、このままでいいのかどうか悩みどころですよね。

最近ではそんな低体温に悩まされている子供が増え続けているようです。子供の体温が低くなってしまう原因と、少しでも体温を上げるための対策法について紹介してきます。

スポンサーリンク

低体温の基準とは?

低体温とは、自分の体温が慢性的に低い場合のことを言います。通常人間の体は、大体37度はあるものだとされています。人によってこの平熱には違いがありますが、大体35度から36度程度の人を低体温だというようです。

基本的には37度がちょうどいい平熱だと言われていますが、人によって平熱が違うので、低体温の人にとって37度は熱があるということになります。最近ではそういった低体温の人が増えているので、37度=微熱と理解されることがとても増えてきています。

35度程度しかないような低体温の人にとっては、37度は微熱といわれても結構つらいこともあります。温度によって決めつけてしまうと、低体温の人の本当の辛さに気づいてあげられないこともあります。

さらに低体温の人は体全体が温まらないので、手足が冷え性で冷たくなっている可能性が高いです。

子供が低体温になる原因とは?

自分の子供が低体温なのは、どんな原因があるのか気になりますよね。子供が低体温になってしまうのには、生活習慣が関係しています。朝食を抜いているような子供は、低体温になりやすいです。

朝食を摂取することで1日のエネルギーになります。しかし、このエネルギーを摂取しないと、どうしても体も省エネモードになってしまいます。すると全身の巡りも悪くなってしまうので、体温が下がってしまうということです。

また、運動不足が低体温の原因になっているとも言われています。今の子供達は外で遊ぶ時間が昔に比べて少なくなっています。学校への行き帰りも親の車で歩く機会も少なくなっている子供は特に注意が必要です。

スポンサーリンク