子供にダイエットはさせた方がいい?太りすぎの目安と運動食事について

お菓子とフルーツと子供

自分の子供がもしかしたら太りすぎているかもしれないと、ふと感じることってありますよね。実際に毎日一緒に過ごしている限りでは、あまり感じないこともありますが、周りと比べると明らかに体型が違うという時は、親としても焦るはずです。

そもそも子供にダイエットはさせた方が良いのでしょうか?子供が太ってしまった場合の肥満の目安やダイエットの進め方について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供のダイエットの目安は体重増加量

自分の子供が太りすぎかどうか、なかなか判断できないことって多いですよね。さらに子供は成長期でもあるからこそ、身長が伸びているから体重も増えているのかもしれないと、考えるケースもあると思います。

自分の子供が実際に太りすぎかどうかを調べるには、自分の子供の平均体重を調べてみることが良いでしょう。子供が身長に対しての体重や、年齢に対しての体重があまりにも多かったら、肥満になっていると考えて良いでしょう。

肥満までは行っていないにしても、自分の子供の体重増加量が著しい場合は、太りすぎている傾向があります。身長の変化はあまりないにも関わらず、体重が1年以内のうちに5キロ以上増加している傾向があると、危ないです。

子供がどの時期からどれくらい太っていしまったのか、客観的に見てみるようにしましょう。

子供に無理のないダイエット1.食事

子供に無理のないダイエットをさせるために有効なのは、食事管理です。子供が太ってしまった原因の中には、食べ過ぎがあると思います。いつもの食事量はどれくらいなのか、改めて考えてみましょう。

もしかしたら自分の知らない所で、おやつを食べていたり夜食を食べていたりする可能性もあります。子供の食生活をまずは見直すところから始めてみることにしましょう。

スポンサーリンク