子供の視力はどうして悪くなる?原因と低下させないための対策

視力検査する子供

最近子供でも小さい頃からメガネをしているような子が多いと思いませんか?最近では視力が早いうちから低下している子供が増えてきているようです。

一体なぜ子供の視力が低下してしまうのでしょうか?視力低下の原因と、低下させないための対策について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供の視力が低下してしまう原因

視力が低下するということがどういうことか、知っていますか?子供のうちにメガネをかけるようになるのは、遠い場所がぼやける近視が原因になっています。子供だけでなく大人でもメガネをかけている人のほとんどが近視です。

一体なぜ近視になってしまうのかというと、詳しい原因についてはまだ解明されていません。しかし、角膜から網膜までの眼球の長さが必要以上に伸びてしまうことによって、遠くのものが見えにくくなるのではないかといわれています。

子供がこういった近視になりやすい原因の1つは、遺伝です。やはり親の目が悪いと子供も近視になりやすいといわれているようです。生活環境の影響を受けにくい時期に近視になってしまうような子供は、遺伝や生まれつき視力が弱い傾向があります。

また、子供達はゲームやスマートフォンの画面を見る機会が増えてきています。小さい頃からそういった危機に触れることが、少なくとも目が悪くなる原因になっているとされています。

デジタル機器が増えてきている影響で、小さい頃から目が悪くなってしまう子供が増えているのです。

子供の視力低下はどこで気づく?

子供の視力低下は、早い子供だと幼稚園から、大体小学校低学年頃から始まるとされています。子供は小学校にあがれば、視力検査を受ける機会がふえます。そこで、自分の子供の視力低下に段々と気づくことができます。

とはいっても、子供はもしかしたらそれ以前に目の調子の悪さをかんじているかもしれません。子供の目が悪くなっているかもしれない、それを見抜くのは親の観察力次第です。

スポンサーリンク