子供にプロテインは与えるべき?害になる?身長への影響は?プロテインの基本を知ろう

コップを持ち力瘤をつくる子供

小さい頃からスポーツをやっている子供がいると、プロテインって飲ませた方がいいのかなぁと悩むタイミングはありませんか?

確かにスポーツをしている人は多くの人が飲んでいるイメージですよね。プロテインは本当にこどもにひつようなのでしょうか?プロテインの基本情報についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロテインとはたんぱく質のこと

プロテインとは、たんぱく質のことです。たんぱく質といえば、肉や魚、豆からも摂取することができる栄養素です。毎回の食事には必ずと言っていいほどたんぱく質の食材は出てくると思います。

子供にとってのプロテインとは、強い体作りの土台に必要だと言われています。子供は成長盛りでまだまだこれから成長していきます。その成長のためにたんぱく質は必要なのです。タンパクや筋肉や血液、骨を作る元になると言われています。

強い体をしっかりと作るためには必要な栄養素なのです。しかし、なかなか1日の摂取量目安までたんぱく質を摂取できない人が多いです。特に運動してこれから体を強くしていきたいという人は、運動していない子供に比べてさらに多くのたんぱく質を摂取する必要が出てくることになります。

プロテインは飲むだけでムキムキになる?

プロテインは運動をする人が飲むものであって、飲むだけで筋肉がつくと思っている人が多いのですが、実はそれは全く違います。あくまでプロテインは栄養素です。プロテインは筋肉を作る元にはなりますが、それは筋トレをして筋肉を大きくしていかなくてはいけません。

プロテインを飲んだだけで筋肉が大きくなるということはないので、そこについては安心して良いでしょう。プロテインは運動後すぐに摂取することで吸収率がアップすると言われています。

身体に筋肉を付けたいのであれば、しっかりとトレーニングをした後にプロテインを摂取することをおすすめします。

プロテインは身長が伸びなくなる?

プロテインを飲むと身長が伸びなくなるのではないか?といううわさも聞いたことはありませんか?プロテインを摂取しても身長が伸びなくなることはないと思うので安心してください。

スポンサーリンク