インターナショナルスクールに通えばバイリンガルになる?

様々な国の子供たち

子供に英語を話させたいと思う親が、最近では急増しています。そこでオンライン英会話や英語教室に通わせるようになった人も増えてきているようですが、最も効率的に英語をマスターできる場所として、インターナショナルスクールに入れようと考えている人もいます。

インターナショナルスクールに通わせることで本当にバイリンガルになるのか、紹介していきます。

スポンサーリンク

インターナショナルスクールとは?

インターナショナルスクールとは、色々な国から来た外国人の子供や二重国籍を持っている子供、さらに英語力を高めたい子供などが通うスクールです。インターナショナルスクールは、授業をすべて英語で行います。だからこそ英語が身につくのが早いと言われています。

小学生から入ることができて、高校3年生まで入ることができます。インターナショナルスクールは日本全国にあり、様々な国の生徒が在籍しています。

インターナショナルスクールのメリット

インターナショナルスクールに入るメリットは、とにかく英語がうまくなるということです。色々な国の子供とコミュニケーションをとれるほか、先生もネイティブ並みの英語を話せる人が授業をしてくれます。

子供にとって最高の英語教育を受けることができるということです。またいろいろな国の人と関わるチャンスがあるので、世界に目を向けやすくなります。将来的にも、英語関係の仕事や海外での仕事をこなすために役に立ちます。

とにかくグローバルな仕事につかせてあげたいとおもっているひとにおすすめです。

インターナショナルスクールの最大のデメリット

インターナショナルスクールの最大のデメリットについてまずは紹介していきます。インターナショナルスクールは、義務教育として認定されていません。もちろん日本の小学校や中学校と同様の勉強をしていません。

独自のカリキュラムで勉強を進めていくので、義務教育を受けたことにはならないというデメリットがあります。それ影響してくるのは、高校受験のときです。

中学校までインターナショナルスクールで、それから大学に入るためにも、一般の高校を受験しようと思っても、学校によってはインターナショナルスクールからの受験を認められない可能性が高くなってしまいます。

スポンサーリンク