小学校にはどれくらいお金がかかる?項目別教育費

貯金箱を持って考える子供

小学校に上がると、子供の成長が一段と楽しみになりますよね。その反面大きくなるにつれてだんだんと教育費がかさむようになってきます。

小学校に入ると年間の教育費はどれくらいかかるのでしょうか?項目別にかかる費用について紹介していきます。

スポンサーリンク

1番お金がかかるのは給食費

小学校は日本では義務教育とされています。公立の小学校に限りタダ、ほとんどお金がかからないと思っている人も多いと思います。しかし、全くお金がかからないというわけではありません。

小学校でお金がかからないのは授業料だけです。授業にかかる教員の給料は国の税金からまかなっているというだけで、お金がかからないのはその部分だけです。

そのほか学校での行事や必要なものに関する費用は、親が実費で払うことになります。小学校で最もお金がかかるものというと、給食費です。残念ながら給食だけはタダではありません。

給食費の月平均は、小学生だと約4000円です。これを12か月分ということになるのでだいたい48000円になります。これだけでも結構な金額に見えますよね。これが高いか安いかということよりも、必ず払わなくてはいけないお金なので、この分は必須になります。

そのほかに学校に払うお金とは

そのほかにかかってくるお金は、まずは遠足や修学旅行などの積み立て費用です。毎年必ず遠足や修学旅行といった課外授業はあるはずです。その場合の費用は大体6000円からだそうです。

学校や学年によって行く場所には違いが出てくると思うので、この費用に関しては差が出てきます。

他にかかるお金はPTAの会費や実習材料費などがかかってくるので、公立小学校だと年間でかかるお金は10万円ほどになります。

入学時が1番出費が多くなる

小学校の教育費を年間に直してみると、大体10万円くらいになります。しかし、最もお金がかかるのは、やはり小学校入学時です。小学校入学の時に最もお金がかかるものといえば、ランドセルです。6年間しっかりと使い続けられるような丈夫な素材でできているので、値段が張るのは仕方ありません。

スポンサーリンク