小学生のお小遣い事情!上手なお金の使い方を教えるには?

お金と子供

子供が小学生になってくると、近所のコンビニやスーパーに一緒に行く機会も増えてきますよね。そういったところで自分が欲しい物を買うために、お小遣いをあげようと考えるタイミングがあると思います。

子供にあげるお小遣いの金額はどれくらいが良いのでしょうか?さらに上手なお金の使い方を教える方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供のお小遣いの平均はどれくらい?

大人になってくると、小さい金銭感覚が難しくなってくることってありますよね。小さい頃からの金銭感覚は大きくなってからも影響してくる可能性があるので、お小遣いの額についても慎重に決めたいところです。

子供のお小遣いの金額で最も多いのが500円です。意外にも小学1年生から6年生通して500円だという家庭も多くありました。それ以外には高学年になってくると1000円渡すようにするという家庭もありました。

子供の住んでいる環境によっても、お金の使い方は違ってくると思います。買い物の楽しみが駄菓子屋の子供と、コンビニでも金額は変わってきます。子供が使う文にちょうどいいと思える金額をあげるようにしましょう。

お手伝いしたら歩合であげる!

子供のお小遣いは毎月コンスタントに上げる、大人で言うところの基本給です。子供の中には500円程度のお小遣いで十分だという子供もいますが、時には200円のお菓子を買いたくなってしまうこともありますよね。

子供にお金の大切さや使い方について知ってもらうために、お手伝い歩合制を取り入れている家庭は多いようです。お母さんのお手伝いをしたら1回100円、などと決めてそれによってお小遣いを上げていくシステムです。

これが子供にとって有効なのは、子供にとっても大人にとっても嬉しいことだからです。親はお手伝いによって負担が減り、子供はそれによってお金を貰います。

さらに親は子供にお金の大切さを教えて、子供は働いてお金を貰うという仕組みを覚えるようになります。お金の使い方を教えるにはとても有効な手段です。

ご褒美としてのお小遣いはマイナスな面もあり?

小学校のお母さんの中には、何か頑張ったご褒美としてお小遣いをあげる人もいるようです。これは、大人で言うところのボーナスです。テストで良い点数を取ったり、何かの賞で入賞したり、スポーツで良い成果を残したりするときに、お小遣いを上げる方法です。

スポンサーリンク