子供の学力を上げるためには?自宅でできる学習法

たくさんの本を読む子供

学力社会といわれている現代、子供にはできればいい大学に入って欲しいと思っているおやはとても多いです。自分があまり学歴にこだわってこなかった親にとって、出来れば子供にはそれなりの学歴を手に入れて欲しいと思うはずです。

子供の学力を上げるために親ができることは一体何なのでしょうか?子供の学力を上げるための学習法について紹介します。

スポンサーリンク

子供の学力を上げるには反復が大事

子供の学力を上げるには、反復して学習するということが大切です。大人でも、1度聞いたことをしっかりと暗記できる人ってとても少ないですよね。子供も同じです。1度授業でやったからといって、すべてを理解しているとは限りません。

子供にしっかりと内容を理解させたいのであれば、何回も繰り返し勉強させる必要があります。その日の学習の復習はもちろん、少したってからまた再チェック、2、3回続けるとその知識が自分の頭の中に定着してくれます。

ただ勉強をすればいいというわけではありません。正しく理解した上で覚えていくということが大切になります。絶対に覚えておきたい部分については、覚えるまで何度も反復学習をすることが大切になります。

子供の勉強は量よりも質

子供の学力アップには、勉強の質が関わってきます。子供に勉強させたいと思う素人の親は、できるだけ長い時間勉強させた方がいいと、子供を勉強部屋に何時間も閉じ込めてしまったりするかもしれません。

これは子供にとって悪影響です。子供にとって嫌な気持ちのまま勉強をすることは、嫌以外の何物でもありません。これから先勉強が嫌いになるきっかけにもなります。

子供に勉強をさせるには、量よりも質が問題になります。両親の判断ではどこを勉強した方が良いのか、なかなかわからないですよね。そういった場合には、家庭教師に頼ったり、本屋のドリルや参考書を頼ったりして、勉強すべき範囲を短時間で学習しましょう。

スポンサーリンク