土曜日授業って復活してる?土曜日授業の歴史

学校に向かう子供たち

今時の子供達にとって土日休みが当たり前の時代が続いてきましたが、最近になって土曜日授業が復活するというようなニュースも耳にしたことはあるのではないでしょうか?

結局のところ土曜日に授業がある小学校はどうなっているのでしょうか?学校教育の土曜日授業について紹介していきます。

スポンサーリンク

昔は土曜日も毎週学校だった!

今の時代土曜日は会社も学校もお休み!というようなイメージが強いのではないでしょうか?実際に週休二日制として、土日どちらも休みだという状況は当たり前になってきています。

しかし、少し前までは土曜日は毎週学校に通っていたという時代もあります。その土曜日教育についての歴史が色々と変わってきたのは1990年代に入ってからです。

1992年から土曜日の授業が月に1回休みになりました。そして1995年には第2と第4土曜日が休みになってきました。そして、2002年には毎週土曜日が休みになりました。これがいわゆるゆとり教育と呼ばれるものなのです。

ゆとり教育は結局なんだったの?

今でこそ、ゆとり教育という言葉は、マイナスの意味で捉えられることが多いですよね。しかし、なぜ突然土曜日を休みにしたのか疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

ゆとり教育は、言葉の通り教育にゆとりをもって行うということです。段々と土曜日が休みになったのは、授業や学校にとらわれるのではなく、学校以外で色々な事を経験することで、心もゆとりある子供に育ってほしいという願いからです。

このことから2002年からゆとり教育は本格的にスタートすることになりました。そして、今の20代の若者ちょうどゆとり教育世代になりました。

その結果が昔に比べて心にゆとりを持ちすぎではないか?と言われることで、ゆとりという言葉がマイナスな意味を持つようになってしまいました。ゆとり教育は土曜日の授業をなくしたせいで生まれた、というような使い方がされています。

スポンサーリンク