子供の育て方には6種類ものタイプがあった!?ママの子育てタイプ診断

考える女性

自分の家の教育方針と、子供の友達の家の教育方針が全く違うなぁ~と感じることはありませんか?たしかに、家族によってそういった違いが出るのは当たり前のことです。

その中でも、実は子育てタイプが6種類に分けられるようなのです。あなたはどのタイプなのか、ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

子育てタイプ1支援型、2厳格型、3迎合型

子育てタイプについてまずは1つずつ紹介していきます。まずは1つ目から紹介していきます。まずは支援型です。

支援型とは、名前の通り子供のことを支援しながら育てるタイプです。子供の意見を尊重していて、必要に応じてサポートをしていきます。子供と親の信頼と関心が高く、理想な親子関係と言えるでしょう。

2つ目の厳格型は、名前の通り厳しく教育するタイプです。厳格型は決まり事やルールにとても厳しく、出来なければ叱ります。親の価値観を押し付けることが多く、子供の自主性はあまり尊重していません。

3つ目の迎合型は、子供との信頼がとても高く仲の良い家族に見えます。いわゆる過保護がこのタイプです。子供を甘やかしていて、あまり厳しく起こることはありません。

子育てタイプ4平均型、5放任型、6虐待型

次に子育てタイプの3つを紹介してきます。ここから紹介するタイプは子供にとってあまり良くありません。まず4つ目の平均型はすべてにおいて平均だということです。

間違って子育てをしているわけではないですが、もともと子育てにそこまで興味がないタイプです。

5つ目の放任型は、子供への関心がとても薄いです。親自身が自分を優先しているので子供の自由にやらせるのが教育方針です。子供を自分とは別の人格だとみているので、基本的に何をしても起こりません。

スポンサーリンク