産後に肌荒れが酷くて困る!原因や対策法は?

ニキビの女性

出産して寝る暇もあまりないほど忙しいというのに、肌荒れが酷くなってしまうととても困りますよね。出産後に肌に出る肌荒れは一体何が原因なのでしょうか?

できるだけ早く、そして手軽に治す方法はないのでしょうか?産後の肌荒れの原因と対策について紹介していきます。

スポンサーリンク

産後の肌荒れはホルモンバランスが影響

産後に肌荒れを起こしてしまうのはホルモンバランスが影響していると言われています。妊娠中には女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンがたくさん分泌されているのですが、産後はそのホルモンが急激に少なくなります。そして授乳が始まると、母乳の分泌を促すとされているホルモンが増えます。

このように、色々なホルモンバランスが増えたり減ったりを繰り返すということなのです。ホルモンバランスが乱れてしまうと、肌の乾燥に繋がったり肌が刺激を受けやすくなったりします。それが原因となって、肌荒れが怒っている可能性があります。

産後の肌荒れはストレスや寝不足も影響

産後の肌荒れはストレスなどの生活習慣が関わっている可能性があります。子供を産んでからなかなか忙しくて、あまり寝る時間のない生活を送っているわけですから、それが影響している可能性があります。

ストレスや寝不足は自律神経の乱れに繋がってきます。自律神経が乱れると肌の成長に関わるターンオーバーが乱れてしまいます。その結果健康的な新しい角質を作ることができずに、肌のバリア機能が壊れてしまっている可能性もあります。

肌のバリア機能が壊れてしまうと、肌が乾燥してしまったり、肌がしみてしまったりするようになります。こういった症状があるのであれば、内面が関係している可能性があります。

産後の肌荒れは便秘が原因かも

産後の肌荒れはもしかしたら便秘が原因となっている可能性もあります。出産直後はどうしても切開した傷跡が痛むのではないか、と考えて排便を躊躇してしまう人が多いようです。

さらに母乳を与えることによって自分が水分不足になってしまう可能性もあります。結果として便秘になってしまっているケースがあります。腸と顔は密接な関係を持っています。そのため、腸が詰まっていると、肌も調子悪くなってしまうのです。

スポンサーリンク