子育て中の疲労感が抜けないのはなぜ?原因と対処法について

一緒に寝る親子

最近なぜか寝ても寝ても疲れが取れない、肩こりや頭痛がひどくなったなど、様々な体の不調に悩まされてはいませんか?

体の不調は、子育て中という特殊な環境だからこそ発生しているようです。そんな疲労感が抜けない原因と対処法について紹介していきます。

スポンサーリンク

疲労感が抜けない原因1.寝不足

疲労感が抜けない原因の1つ目は寝不足です。子供を育てていると、どうしても夜から朝まで目を覚まさずに寝ているということはなかなかできることではありませんよね。

睡眠時間を長時間取れないというのは、体の疲れを蓄積させる原因になります。短時間ずつの睡眠は、何度も寝て起きて、を繰り返すうえに、一気に頭の中の情報処理などをすることができないので、どうしても疲れを取ることができません。

しかし子供を育てている間はどうしても寝不足になってしまうは仕方ないですよね。睡眠時間が少ないということは、仕方ない事なのですが、ほとんどの原因はこれなので、特には夫に代わってもらって寝る時間を少しだけ伸ばすようにすると良いでしょう。

疲労感が抜けない原因2.働きすぎ

疲労感が抜けない原因の2つ目は、働きすぎだということです。子供を育てておうちのご飯を作って、掃除をして洗濯をしてというような生活を繰り返しているお母さん。本人たちにとっては当たり前のことになっているかもしれませんが、休みなく動き続けているお母さんは働きすぎです。

長時間労働をしすぎだということなのです。さらに主婦は休みがありません。だからこそ、この生活がエンドレスで続いていくことになってしまいます。それだけ疲労がたまっているということなのです。

それほど寝る時間もないというのに、体ばかり動かしてしまえば、体がキャパオーバーになってしまいます。

疲労感が抜けない原因3.心配しすぎ

疲労感が抜けない原因の3つ目は心配しすぎていることです。これは内面からくるもので、自分の子育ては本当に大丈夫なのか、何か間違っていることはないか、子供は今大丈夫だろうか、などいろいろな考え事が頭をめぐります。

スポンサーリンク