綺麗でいたい!出産すると顔が老ける人と綺麗な人の違いは?

しわのある女性とない女性

子供を産んだとしても、産む前と全く変わらない人もいれ場、出産を機に驚くほど老けてしまうような人もいます。

出産で増えてしまう人と、ほとんど変わらない人の違いは一体どこにあるのでしょうか?さらにできるだけ出産後も美しくいるためのケア方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

産後に老けて見える原因1.髪の毛が抜ける

産後に老けて見えてしまう原因の1つは、髪型の変化です。妊娠中は女性ホルモンの影響で、本来抜けるはずだった毛が抜けにくくなると言われています。

出産を終えて、ホルモンバランスが戻り始めると、今まで抜けるはずだった毛が一気に抜けることになります。その結果、大量の抜け毛が発生します。

そのせいか髪がどうしてもみすぼらしい雰囲気に見えてしまいます。きちんとケアしていた頃に比べると、どうしてもハリやコシのない老けた印象の髪に見えてしまいます。髪の毛自体は半年程度で新しい毛が生えてくるようになります。

最低でも半年程度は今までの髪型とは違った雰囲気の髪になってしまい可能性があります。そのけっかふけてみえるといわれることもあるかもしれません。

産後に老けて見える原因2.体型の変化

産後に老けて見られる原因の2つ目は、体系の変化です。出産を経験して今までに太ってしまう人もいますよね。どうしても体系の変化は、増えて見せてしまいがちです。今まで痩せていた人の産後太りを見てしまうと、老けた印象を感じやすいです。

反対にすごく太ってしまったから、短期間で無理なダイエットをして急激に痩せた場合は皮膚がたるむ可能性があります。たるんでしまった肌は戻りにくくなるので、顔やお腹、腕などだらしなく見えてしまいます。

スポンサーリンク