子供に英語の本を読ませるのは良い?独自の英語教育について

本を読む子供たち

子供に英語を習わせたいと思う親御さんが増えてきました。

その中でとりあえず英会話スクールのような場所に入れる予定はないけれど、自分で少しずつ英語に触れさせてあげたいと思っている方へ、英語の独自教育について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供に小さい頃から英語を教える意味

子供に小さなころから英語を教えていこうと思っている親御さんはとても多いです。なぜこんなにも小さい頃からの英語教育に力を入れる親御さんが増えて来たかというと、やはりグローバルな社会になじむ人間になって欲しいからです。

また、自分が英語を勉強してこなかったことに対して後悔していて、子供にはそんなことを想わずに、英語を好きになって欲しいという気持ちから、英語教育に力を入れようとする親御さんが増えてきているということです。

小さい頃から英語に触れさせることで、英語を好きになってくれる、英語をもっと知りたいと思うきっかけになって欲しいという思いで、小さい頃から英語教育に力を入れているようです。

独自学習でも意味はある?

英語のスクールに本格的に通っている子供は最近になって増えてきています。さらに最近ではオンラインで学べる英会話もたくさん登場してきました。その中で、英語の教材や英語の本を買って子供に教えてあげるという独自教育には意味があるのでしょうか?

独自学習でもスクールでも、正直なところそれほど差は出てこないと思います。というのも、子供のうちに覚えることができる英語は、中学1年生の始めに習うようなとても簡単な英語ばかりだからです。

小さい頃から英語を習っていたとしても、子供のキャパには限りがあります。単語を覚えたとしても、自分の思っていることを伝えられるようになるには、正直のところかなりの時間を費やすことになります。

スポンサーリンク