子育てをしてきて嬉しかったことは何?みんなの喜びを調査

子供たちに抱きしめられる母

子育てをしてきて、辛いことや苦しいことはたくさんあると思います。時にはそれで挫折しそうになることもあるはずです。しかし、実際に子育てをしている中で嬉しかったことも出てくるはずです。

子育てをしていて嬉しかったことはどんなことか、多くある意見を紹介していきます。

スポンサーリンク

子育てをして嬉しかったこと1.子供からのありがとう

子育てをしてきて嬉しかったことの1つ目は、子供からの感謝の気持ちです。子育て中は本当に大変で、とにかくやるべきことをやっている!という感情しかないこともありますよね。そんな時に子供から突然言われる「ありがとう」という言葉は、どうしようもなくうれしさを感じますよね。

親が一生懸命育てれば、子供はしっかりと答えてくれるのです。子供がちゃんとありがとうと言える子供に育ってくれたということは、自分の子育てが間違っていない証拠でもあります。自分が大変で辛いと思っているときほど、子供からの感謝はとても心にしみます。

子育てをして嬉しかったこと2.子供の成長ぶり

子育てをして嬉しかったことの2つ目は、子供の成長ぶりを見た時です。子供の成長は本当にあっというまで、いつの間にか大きく育ってくれていますよね。ふとした瞬間にあんなに小さかったのに、ここまで良く成長したなぁ、と嬉しくなることがあります。

病気をせずに健康にすくすくと育ってくれることは、当たり前のことではありません。だからこそ、すくすくと成長してくれたことに対して、嬉しいと感じます。

親にとって子供の1つ1つの成長は、すべてが嬉しくてすべてが感動ですよね。そんな瞬間を子育てがひと段落してから思い返しても、嬉しいと感じるものなのです。子供の成長はあっという間だからこそ、1つ1つの成長に喜びを感じることができます。

子育てをして嬉しかったこと3.自分の成長

子育てをして嬉しかったことの3つ目は、自分の成長です。結婚して子供を産む前までの自分は、自分なんかに子育てなんてできるのか?と半信半疑だった時もあったはずです。痛みに弱くて出産の痛みが恐怖だったりすることもあります。

しかし、実際にはその出産の痛みにも耐えて、子育てもなんだかんだ言ってこなせている自分の成長が嬉しくなることがあります。

スポンサーリンク