やっぱりすごい!どんな効果がある?子供に読書をさせるメリット

読書する子供

小さいうちはたくさん読書をさせなさいと、という話を聞いたことはありませんか?小さいうちは本当にたくさんの本に触れた方が良いとされています。

子供が本を読むようになると、一体どんな変化が良いことが起こるのでしょうか?読書をすることのメリットについて紹介していきます。

スポンサーリンク

子供に読書をさせるメリット1.想像力が身につく

子供に読書をさせるメリットの1つ目は、想像力が付くということです。本というのは文章の中に物語が詰まっています。絵本や漫画とは違い、自分の頭の中で物語を想像しながら読み進めていくことになります。

本を読んで物語を頭の中でも想像するということは、想像力を身につけるチャンスです。分を読みながら、その場の雰囲気を想像したり、主人公の気持ちを読み取ったり、その後の展開を想像したり、本を読み進めていく中で、色々な世界を頭の中に想像することができます。

頭で色々な事を考える、想像力を育てることができます。

子供に読書をさせるメリット2.集中力が身につく

子供に読書をさせるメリットの2つ目は、集中力が身につくということです。本を読むということは、小さな文字を追いながら読み続けるということになりますよね。これは集中力を高めるトレーニングとして、とても良いと言われています。

本を読むということは、小さい文字を目で追って、それを理解して頭の中で整理するという複雑な行為を一瞬でこなしていきます。その結果無意識のうちに気持ちが集中します。

子供の頃に集中力を身につけることができると、将来色々な場面で役に立つようになります。これから先本格的な受験をする場合の受験勉強もスムーズに行うことができますし、社会に出てからも、難しい作業を集中して行うことができるという強みになります。

子供に読書をさせるメリット3.知識がつく

子供に読書をさせるメリットの3つ目は、知識を身につけることができるということです。本の世界には、自分が全く知らないようなことがたくさん書かれています。自分がその本に出会わなければ一生知ることのなかった世界を、1冊の本で旅することができるのです。

スポンサーリンク