春夏には必須!子供用の帽子の知っておきたいこと

帽子を被る子供

春や夏は冬に比べて日差しも強く、気温も上昇します。炎天下の中で遊んでいたお子さんが熱中症になってしまったケースも最近よく見られますよね。

春夏にかけて、帽子はお子さんにとって必須アイテムとなりますが、意外と知らないことが多いことをご存知ですか?こちらでは、帽子の本当の役割や、色や素材の知らなかった情報を紹介しています。春夏シーズンが到来する前に、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

帽子とお子さんの「体温調節」の関係

実は子供は、大人よりも「自分の体温調節」が苦手です。それは子供の方が大人よりも、体温調節をする基幹が未発達な所から来ています。そのため、大人の体では体温調節が可能な場所でも、お子さんには耐えられなかったという場合が有ります。

常に一緒に居ないと子どもの体調の変化に気づきにくくなってしまいますが、常に一緒というのはなかなか難しいですよね。

そんな時に活躍するのが「帽子」です。帽子にはお子さんの体温調節や紫外線の防止など、お子さんの体だけでは対策が難しい部分を補ってくれる効果があります。そのため、小さなお子さんと外出する際には帽子は必需品と言われているのです。

帽子の効果は?

まず、帽子の効果についてご説明します♪帽子には「直射日光を避けてくれる効果」や「熱中症対策」をしてくれる効果があります。もっと掘り下げてみると「頭皮に直射日光が当たらないので加熱を防ぐ」という意味合いがあり、この理由から熱中症の対策ができると言われているのです。

また「紫外線を防ぐ」効果もあり、お子さんの肌を守ってくれる効果も期待できます。幼少期に多くの紫外線に当たってしまうと、なんと成長してから「皮膚がん」を発症してしまう可能性が高くなってしまいます。紫外線は夏場だけでなく、どの季節にもあるものですからしっかりと予防をしておきたいですね。

帽子の色で効果は半減?

実は帽子の「色」で効果が半減してしまうことがあります。帽子の色には「熱がこもりやすい色」と「熱がこもりにくい色」があり、熱がこもりやすい色の帽子を着用させてしまうとかえって頭の中に熱を集中させてしまいます。

スポンサーリンク