幼稚園児の子供が言うことをきかない原因とは?

注意する母と聞かない子供

幼稚園児の子供を育てているお母さん、子供の聞き分けのなさに悩んでいませんか?実は子供が言うことをきかないことには、様々な原因が考えられます。

子育てのイライラを軽減するためにも、その原因を知ることが大事。そこで、ここでは幼稚園児の子供が言うことをきかない具体的な原因をご紹介します。

子育てを円滑にするための役に立つ情報をご提供致しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

子供が言うことをきかない理由とは?

子供が親の言うことをきかないのは、自我が芽生えた証拠です。幼稚園や保育園に通い始めると、家では経験したことのないような刺激を感じることが多々あります。そうしたことにより、集団生活が始まると、子供は精神面で非常に成長する時期に差し掛かります。

それまではお母さんの言うことを聞き、決断を委ねることが当たり前だった子供が、お母さんの元を離れて集団生活をするようになると、日々様々な決断が迫られます。そのため、自我が芽生え、自分で決断するということは、子供にとって必要な成長過程と言えます。

子供が言うことをきかなくなる原因となる親の叱り方とは?

子供がいうことをきかなくなるには、親の叱り方が影響していることが考えられます。なにかをしながら口だけ出すような叱り方はNG。真剣さが伝わらず、逆効果になることも。

遊ぶ時も会話をする時も叱る時も、きちんと向き合っていないと子供は敏感に察します。すると、子供は親の言うことを受け流すようになり、言うことをきかなくなることに繋がります。

それを踏まえると、日頃から子供と向き合って話していると、素直で聞き分けのいい性格になると言えるでしょう。

スポンサーリンク