特徴やその効果は?最近話題のモンテッソーリ教育について

絵を描く子供たち

最近よく耳にするモンテッソーリ教育という言葉をご存知ですか?モンテッソーリ教育とは、子供の自主性を高めるための、教具を使った教育のことを言います。

最近では保育園や幼稚園でも取り入れられている教育方法なのですが、実際どんな内容なのか気になるという方のために、ここではそんなモンテッソーリ教育についてまとめてみました。

スポンサーリンク

モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育とは、イタリアの女性医師が開発した教育方法で、子供が生まれ持った能力を引き出すといった特徴があります。1907年に生み出されたこの教育方が、最近日本の教育現場で注目を集めています。

子供にとって非常に重要となる自主性を引き出す教育法は、子育てに様々なメリットがあると言われています。

モンテッソーリ教育は、日本だけではなく世界中で注目を集めつつあり、様々な場面でそれを取り入れることが出来ます。では、具体的な教育方法にはいったいどのようなことがあるのでしょうか。

モンテッソーリ教育の特徴とは?

モンテッソーリ教育は、個別活動という大きな特徴があります。集団生活で誰かに合わせるなどといった教育ではなく、個人の興味を重要とするといった個別活動により、自主性を高めるという目的があります。

とはいえ誰かと遊んではいけない、などといったルールがあるわけではなく、自主的に誰かと遊ぶというところがこの教育の特徴です。

子供の欲を行動に移せるような環境を整えることで、自発性を育てることに繋がります。モンテッソーリ教育では、そうした子供の自発性を大人が尊重するといった教育法を取り入れています。そしてそれは、生活の至る所に取り入れることが出来ます。

モンテッソーリ教育の具体的な教育方法とは?

モンテッソーリ教育は、運動、言語、算数など、様々な場面に取り入れることが出来ます。大人の真似をしたがる2~3歳の時期を敏感期と呼び、その頃に自分の思った通りに、自由に体を動かすことで、運動に対する自発性を高めます。

スポンサーリンク