妊娠中にエステを受ける際の注意点とは?

エステを受ける妊婦

最近定期的にエステを受ける女性が増えています。そうしたことから、妊娠中にエステを受ける方も珍しくないようです。しかし、妊娠中にエステは受けていいものなのでしょうか。

そして、妊娠中にエステを受ける際にはどのような注意点があるのでしょうか。ここではそんな、妊娠中のエステについてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中に受けてもいいエステとは?

妊娠中は胎児への影響を考え、無理な体勢などは絶対に避けるべきと言えます。そのため、エステの種類によって、受けていいものとダメなものがあります。

受けていいエステは、オールハンドのフェイシャルエステ、シェーピング、オールハンドのボディーマッサージなどがあります。

これらのエステは胎児への影響は考えられず、血行促進やリラックス効果が期待されるので、妊娠中でも受けることが出来ます。

気になる妊娠中のむくみにも効果があるので、受ける際には事前にそうした相談を伝えることをおすすめします。

妊娠中に受けてはいけないエステとは?

それまで定期的に受けていた内容でも、妊娠中となると受けてはいけないエステがあります。その主な内容は、マシーンを使ったエステ、アロマを使ったエステ、レーザー脱毛などがあります。

特に超音波を使ったマシーンは、胎児に影響を及ぼす危険性があるほか、機械でのマッサージは妊婦さんの体には負担になる可能性があるので避けましょう。

体だけではなく、顔の場合も同様に、超音波のエステは胎児への影響が考えられるので、基本的にNGと言われているため注意が必要です。

スポンサーリンク