洗濯機は縦型とドラム式のどちらがいいの?メリット・デメリット

洗濯機と親子

みなさんのご家庭では、どのような洗濯機を使っていますか?我が家はずっと縦型洗濯機ですが、結構前からドラム式洗濯機が欲しいなぁと思っています。何より乾燥が出来るのが便利で羨ましいです。

でも、実際のところドラム式洗濯機を使っている家庭はどのくらいなのか。仮にドラム式洗濯機を購入しても、やっぱり縦型がよかった…と後悔したくないですよね。

今回は、どのくらいの割合でドラム式洗濯機を使っているのか。また、それぞれの洗濯機のメリットとデメリットを紹介します。

スポンサーリンク

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の使用割合は?

一時期ブームになったドラム式洗濯機。乾燥機能もあり買い替えるご家庭もあったかと思います。でも実は、ドラム式洗濯機を使用しているご家庭の割合は20パーセント以下しかないそうです。

それに比べて縦型洗濯機は、75パーセント越えです。75パーセントのうち、50パーセントが全自動洗濯機。25パーセントが縦型洗濯乾燥機です。

意外とドラム式洗濯機を使用しているご家庭は少ないんですね。理由としては、コスパの違いや縦型洗濯機の性能が良くなったなどが理由にあるそうです。

縦型洗濯機のメリット

まず縦型洗濯機のメリットは洗浄力です。洗濯機は洗うときに、かくはん洗いと叩き洗いがありますが、縦型洗濯機はかくはん洗いです。

かくはん洗いの方が汚れは落ちますし、水の量も多いため、子供がスポーツや部活などで衣類を汚してくる場合が多いご家庭は、縦型洗濯機の方がいいという意見が目立ちます。

また、かくはん洗いのため衣類が傷みにくいというメリットもあります。あとは洗濯機自体の価格が安いのも購入する家庭が多い理由の1つです。

縦型洗濯機のデメリット

縦型洗濯機のデメリットは、水をたくさん使うことです。あまり洗濯物が少ないご家庭はいいですが、洗濯物が多ければ多いほど洗濯機を回す回数が増えます。そうなると、結構な水の量を使いますね。

スポンサーリンク