いつから始める?頻度は?綿棒でOK?赤ちゃんの耳掃除のやり方

耳掃除する赤ちゃん

赤ちゃんの小さな耳を掃除するのはちょっと怖いと思ってしまうママやパパも多いのではないでしょうか。そもそも赤ちゃんの耳掃除は必要なのでしょうか?

耳鼻科で専門家に見てもらうのも一つの手です。今回はママが無理なく行える赤ちゃんの耳掃除についてまとめてみます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの耳掃除は必要?

結論から言うと、1歳くらいまでは耳掃除は不要と言われています。人間の耳には、「自浄作用」といって自然に汚れが外へ排出される作用があります。

何もしなくても自分できれいにできる仕組みです。赤ちゃんは新陳代謝がよいので不要物もたくさん出ますが、排出する働きも活発なので、何もしなくても自然に汚れは排出されています。

奥ではなく耳の入り口と周りだけ

赤ちゃんの耳掃除は不要!という結論でしたが、寝ている時にミルクを吐き戻したり、向き癖によって片方の耳に赤が溜まりやすいなど、耳の周りや入口は清潔にしておいてあげた方がよいでしょう。

耳のまわりの汚れをそのままにしておくと耳垢となってたまってしまいますし臭いの原因にもなりかねません。赤ちゃんの耳掃除は、奥までやるのではなく、耳の入り口、耳のみぞ、耳の裏側など、汚れが溜まりやすい場所を拭きとってあげる程度で十分です。

ガーゼや綿棒、ベビーオイルを使って

赤ちゃんの耳掃除にはガーゼや綿棒を使用します。ぬるま湯で湿らせたガーゼで耳の裏側や溝をやさしく拭いてあげましょう。

綿棒を使用する場合はベビーオイルをつけて、耳の入り口の見える部分だけふき取ってあげてください。奥に耳垢が見えたとしても、無理にとらないようにしましょう。耳垢を奥へ押し込んでしまったり、赤ちゃんが思わぬ動きをして耳の中を傷つけてしまう恐れもあります。

耳垢の種類は?

生まれたばかりの赤ちゃんの耳垢は黒っぽいことがありますが、これはママのお腹の中にいた時の羊水中のゴミが混じって出てくるためです。

出てしまえば、後は大人と同じ黄色、茶色っぽい耳垢になります。耳垢の性質については遺伝によるものがありますが、日本人はカサカサしか乾燥タイプが80%、ねっとりとしたあめ耳タイプが20%程度と言われています。

赤ちゃんの機嫌がよいときに

耳掃除をしてあげるタイミングは、赤ちゃんの機嫌がいいとき、ママが無理なくできる時です。お風呂上りであれば、汚れが水分を含んでふやけているのでふき取りやすくなっています。

授乳をしながらというのも一つの手です。赤ちゃんが安心してリラックスしていて、ママからも耳が見えやすい体勢です。左右交互にあげることで両耳に対応できます。とは言え毎日のお世話でママも大変ですから耳掃除は無理に毎日する必要はありません。

耳鼻科で専門家に頼む

赤ちゃんの耳掃除は不安…という方は耳鼻科で処置してもらいましょう。筆者の場合、子どもが1歳を過ぎたころから半年に一度耳鼻咽喉科で耳掃除をしてもらっていました。

スポンサーリンク