産後いつから自転車に乗ってOK?痛いならやめた方がいい?産後の自転車について

二人乗りする親子

近所をあちこち移動することの多いママにとって自転車は日常的に使うものです。一人目の出産の後は自転車に乗るよりもベビーカーや抱っこ紐で歩くことが多いかと思いますが、二人目三人目の場合、上の子がいるのでそうは言っていられません。

幼稚園の送り迎えや買い物など、自転車が便利ですよね。今回は、産後いつごろから自転車にのっていいのか、またその際の注意点などについてまとめてみます。

スポンサーリンク

安静にする期間はどのくらい?

出産後の女性の身体は自分が思っている以上にダメージを受けています。自分では動けると思っても、無理をすると後から身体に悪影響があるとも言われています。

出産直後は実家や自宅で赤ちゃんのお世話に専念し、一か月を過ぎた頃から「床上げ」と言って、ゆっくり家事などをはじめるのがよいとされています。

赤ちゃんのお世話は昼夜を問わないので睡眠不足にもなりますし、産後のママは精神的にも不安定にもなりやすい状態です。無理をせず、心身共になるべく休むことを心がけてください。

産後すぐに乗らない方がいい理由は

上記のような理由から、たとえ出産が二人目三人目であっても産後すぐに自転車にのるのは避けた方がよいでしょう。少なくとも一カ月、できれば三カ月経ってからというのが望ましいところです。

妊婦さんは出産に向けて骨盤が緩んでおり、産後も3か月くらいは歪みやすく落ち着かない状態です。骨盤が不安定なことに加えて子宮も完全には回復していないので、自転車に乗ることで悪露が増えてしまったり、帝王切開や会陰切開の回復が遅れてしまう可能性もあります。

筆者の場合、最初の子の後は会陰切開の後が痛すぎて、1週間くらい穴の開いたドーナツ型のクッションにしか座れませんでした。

一人目だったので自転車に乗る機会もありませんでしたが、産後に自転車に乗ることはおそらく無理だったでしょう。

スポンサーリンク