授乳中はみんな襲われる?!頭痛の原因と対策は?

頭痛の女性

授乳期間中の大きな悩みの一つ、頭痛。しかも手&目が離せない、誰かに預けたりすることが出来ない時に限って襲われる頭痛。ひどい時は吐き気をともなう時もあったりして、本当に辛いですよね。

そんな産後授乳期間中の頭痛は、どのような要因があるのでしょうか?対策とともに、チェックしてみましょう!

スポンサーリンク

睡眠不足による頭痛

一番の原因と言っても良いのではないかと思われる睡眠不足。授乳が伴う月齢の赤ちゃんは、夜泣きなどがありママはまったく熟睡できません。ちょっとした物音でも起きてしまうほど過敏になっている人もいるのでは?

そんな睡眠不足による頭痛への対策は、とにかく無理せず赤ちゃんといっしょにお昼寝しちゃうこと!ママには育児以外にも家事などやることたくさんですが、頭痛で辛くても、家事は待てても赤ちゃんの授乳タイムは待ってもらえません。

そのため今は家族にしっかり甘えて、自分が体調を崩さないことを優先的に考えて行動しましょう。

ストレスによる頭痛

かわいい我が子との幸せな時間がたっぷりあり、ストレスなんてないだろう!と世のパパ達には思われがち。しかしどんなに我が子が可愛くても、時に『こっちが泣きたいよ!』と思う場面はたっくさんありますよね!

トイレへ行くことや水を飲むことさえも、自分のペースではなかなかできない。全てが赤ちゃん中心の生活は、少しづつストレスが溜まっていくものです。

そういったストレスは、なかなか減らすことは出来ないかもしれませんが、しっかりと自分が癒やされる時間を10分でも5分でも作ることが大切です。

ノンカフェインのコーヒーを飲んだり、好きな音楽を聴いたりしてリラックスする時間をもちましょう!時には1~2時間パパや家族に甘えて、ショッピングなんかもいいですね。

肩こりによる頭痛

子育て中は、肩こりはずっとお付き合いしていかなければならないものです。毎日5~6キロの赤ちゃんを何時間も抱っこしてれば、そりゃ肩こりにもなります。

スポンサーリンク